トータル閲覧者数:   現在の閲覧者数: アクエリよりポカリ(解散済み)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから…

懐かしきあくぽか時代。

解散はしましたが、実は復帰しています。

クラン名は『PoCaErius』

今思えばこのブログも懐かしい。

昔の仲間は少し減ったけど、その分仲間も増えました。

ブログはもう更新することはないです。

だからこの記事で終わり。

次は戦場でお会いしましょう!
スポンサーサイト

さようなら、アクエリよりポカリ

楽しかった3ヶ月間。 ありがとう、みんな。



みなさん、こんばんは。

アクエリよりポカリのクランマスターの"akaikami"こと"まそ"です。

この記事を読む頃にはすでに話が終わっているかもしれません。


クラン解散」について。


急に!?なぜ!? と思う方もいるかもしれません。

でも、早かれ遅かれこうなっていたというのは感じています。

クラン活動が面倒くさくなった? → いいえ、違います。楽しいかったです。

原因は何ですか? → 価値観の違いです。

どうして急に? → 遅かれ早かれこうなっていたからです。

他のクランメンバーはどうするの? → まだ全員と話終わっていませんが、話し合いをする予定です。


各メンバーのこれからの活動について、お話をします。


【まそ】
AVAを継続、引退する気は無し。
"タカノさん"・"ゲンキチ"と共にガチクランへの移行予定。
ブログ更新、動画投稿予定無し。


【うにょ】
クラン解散と共に、AVA引退が決定。
リアル多忙や価値観の違いにて、解散に賛成。
まそとはリアルでも今まで通り。


【銃魔人】
クラン解散後、AVAを継続予定。他クランへの加入も未定。
ストレス・価値観などの違いにて、解散に賛成。
まそとはAVA友人登録のみ。


【タカノ】
まそと同じく。


【ゲンキチ】
話し合いがまだのため、未定だが、まそと同じで確定かと思われる。
タカノさんの相談以前に、ゲンキチからはクラン移行の相談をしていた。


【FB・うっしー・ぐりん】
話し合いがまだのため、未定。
ぐりんに関してはAVA引退が濃厚。





【ここまでのクラン活動を振り返る】

主にクランで楽しかった思い出は、SkypeでのVCにあります。

みんなでバカやって、アホみたいなことして、笑いあって…

でも、みんな次第に特に私やゲンキチが、

「もっと上達したい」 「いつでもガチへ行ける準備は出来てる」

そんなことをよく話すようになりました。


みんな上達してきているし、解散なんかしなくても今のクランで強くなればいいじゃん!

そう思えていました。

が、私のリアル友達である 「うにょ」 と最近、意見の食い違いが起きて、関係が芳しくありませんでした。

私はそれはよくないと思い、距離を置くことも考えました。


でもリアルの話やAVAではないお互いの趣味の合うゲームの話をすると、過去の今まで通りの雰囲気になるんです。

それって、AVAでの価値観の違いが出てるんじゃないかと。そう思いました。


銃魔人はクランに様々なストレスを抱えていたようです。

気付いていない振りをしていた自分がどこかにいたと思い、2人で話し合いました。

その結果、やはりそうでした。

周りに色々言われること、ハイジと呼ばれること、指導されること。

彼にとってはつらかった。 私も反省しています。(勿論、謝りました)

そして彼と話をして、クラン移行の件の話もしました。

その時、彼はこのクランを継続するのではなく、私たちが抜けるのであれば自分も抜けるといいました。

彼にはつらい事をさせていたことの罪悪感がありますが、最後にはお互いに、「このクランは決して無駄じゃなかった」と「いい経験と思い出が出来た」と話し合えました。

最近、彼は暗くなりつつありましたが、その話を終えて、明るく戻れたのかなと思えました。

おそらく私も彼も、何かが吹っ切れた そんな気がしました。




タカノさんについてですが、彼が私の背中を押してくれた人物です。

私はずっとクランのことや、自分のことについて悩んでいました。

正直、誰も助けてくれず辛かったです。

クランメンバーなら、友達なら、もう少し声をかけてくれても…と思うことがたくさんあって。

ひとりでクランを楽しくしなきゃとブログや動画を上げ、バカらしいと思うかもしれませんが泣きながらブログを書いていたこともありました。

みんなを楽しくしたい! もっとよくできないかな! と悩む自分がだんだん疲れてきて…


私はクランマスターです。そして一人の人間ですし、みんなの友達です。

みんなが、「まそに居て欲しい」と思ってもらえるために 重たいかもしれませんが、自分なりにやってました。

一緒に楽しみたい! 友達ってそういうもんじゃないですか?

私は自分さえよければいいなんて思う人になりたくなかったから。

でも結局、こうなったのですから私の努力は無駄だったのかな なんて。



とあるこの11月の半ば、タカノさんがきました。

「ブログを閲覧して、面白そうですので、クランに入りたい」

そう私のSkypeにメッセージを送ってくれました。

今まで書いた私のみんなへのメッセージは、クランメンバーだけでなく他の方にも届いてると知ったときは嬉しかったです。

でも、みんなは。

「あんなブログでも見る人いるんだね」 といいました。

凄く悲しかったです、正直泣きそうでした。

私はメンタルはそこまで強くないんです。むしろ弱い。

冗談もある程度の仲の良さがあって初めて受け止めれます。

だからこそ、魔人に気がついてあげれなかったことに反省してますし、最後に気がついてあげれてよかったとも思っています。

気がついたときに言わないといつまでも言うことができません。



タカノさんが入って2日目の日、身内爆破をしました。

その時の感想を載せておきたいと思います。




From タカノ  To まそ (そのまま引用しています、内容変更無し)

クランに入る前ブログを読んでいて、このクランは立ち回りはまだまだかもしれないけれど向上心はあってクランメンバーみんなでうまくなっているクランだと思いぜひ入りたいと思いました。

けれど、昨日内戦していてまそさんが一人になった時VCがうるさかったのには驚きました。
大会を視野にいれつつ楽しくやっていくなら、あの場面では足音を聞けるように黙りまそさんの動向を見守るのが普通だと思います。
そしてラウンドが終わったらここが良かったダメだったと話し合いそれを楽しむべきです。

大会を視野にいれてないとしても勝ちたいという気持ちがあれば、自分が死んでも生き残っている味方の動きが気になると思います。

昨日の内戦のクランメンバーは勝利に興味がないように見えました。
自分が撃って自分が死んだらそれで終わり。そんな感じが。

また内戦をしていて私に撃たれても次にまた全く同じところから全く同じように出てくるし、きつい言い方になりますが考えて動いているのか、本当に向上心があるのか疑問になる内戦でした。

私は勝ちをこだわるわけではありませんが、勝つために考えて上達していくのを楽しみたいので、しばらくはこのクランでそれができるのか見極めてさせてほしいです。

少し偉そうな言い方になって申し訳ない。




私はこのコメント見た時に、今まで私が思ってもなかなか強くいえないことをはっきり書いてあって嬉しかったんです。

決して我慢してクランやっていたのか?というわけではないんです。

クランで楽しいときは楽しいです!面白い会話もたくさん溢れるほどにありました。

でもその反面、価値観の違いが生まれそれをどちらかが我慢する。

そんなことが楽しいと思えることはありませんでした。


私と共感できる人物に出会えたことに嬉しかったのと、私が探していた答えが見つかりました。

ゲンキチとは話が現在終わっていませんので、詳しく書きません。

また、他の方との話が終わってもこのブログはこの更新が最後になりますので、更新はありません。


正直、爆破を見ていての彼の感想が色々嬉しかったです。

その後、Skypeでも私に「もっと高みへいくべき」だと話をしてくれました。




まだ話をしていない組は簡潔にだけ書いておこうと思います。


ゲンキチとはこれからガチへいきます。

辛いこともあるかもしれませんが、楽しくやっていけるよう頑張ります。



FBさんとは、少し大人な感じで接せれて楽しかったです。

クランに対して色々な思うことがあったと思いますが、愚痴を言わずここまでついてきてくれました。

リアルで会う件についてはどうなるかな?まだわからないけれども。

AVAではまたどこかで会いたいと思ってます。


うっしーさんとは、別のゲームから仲良くなったので何か縁があったのかなと思いました。

積極的に彼は話をしてくれて、私も楽しかったです。

受験勉強など大変だと思うけれども、頑張ってね!

もうニコニコで放送もしないけれども、どこかでまた会えるかな?


ぐりんとは別ゲームの頃から仲良くやれて楽しかったです。

でも、アラド戦記もやれなくなり、AVAもやらなくなると関係が自然消滅するような、そんな気はしてます。

また一緒にやれるゲームがあれば、また一緒にやろう!




【最後に…】

今までこんな私に付き合ってもらって、本当感謝してます。

このクランでは楽しかったことや辛かったこと、全部良い思い出です。

友人関係はどうなるかわからないけれども、またどこかで会えるよね。


対戦で会ったその時は、正々堂々と戦いましょう!



このブログを読んでいただいた方、応援メッセージを送ってくれた方。

今まで、ありがとうございました。

これからも"まそ"はAVAで活動していきます。


それでは! みなさん、お元気で!!





まその評価コーナー:うっしー①

超攻撃型PM、それが彼だ!


おはようございます、どうも "akaikami"こと"まそ"です。

今年も残すはあと1ヶ月ですか…早いですね。

この前、「まそはもう少し継続性があるといい」と指摘されてしまいました。

その通りですね… 自分でも少しずつ直したいと思います…ハイ。



まあ、苦悩して色々悩めばいいじゃないですか。

だって、人間だもの(´ω`)  みつお



さて、うっしーくんのお話をする前にみんな色々武器を悩んで変えたり候補を出したりしてます。

それについて少しお話しておきますねー(゚Д゚)ノ



【まそ】
以前:メイン兵種PM+AR → メイン兵種無し オールラウンダーを目指す。

PM武器:SR-2M Veresk → 変更無し

AR武器:SA58 ParaOTs-14 Groza

SR武器:FR-F2 → 固定無し、ブームはDSR-1

☆一口メモ

武器は彼なりに悩んだ末に変えたりしています。

できれば暖かい目で見守ってくれるとうれしいです。

練習はしっかりやってるので、頑張ります。



【ゲンキチ】
以前:メイン兵種AR → 変更無し

AR武器:SA58 ParaOTs-14 Groza

☆一口メモ

武器を変えないと言っていた彼も、流石にParaの難易度に音を上げました。

FGの頃のような精密な射撃が出来ない上に、最近私も彼も成績がガタ落ち。

安定感すら失われた現状、見直しのためも含めてグローザに変更を決意。

私もゲンキチもどうなるか不明だが…この課題は悩ましいものだ。



【うにょ】
以前:メイン兵種SR(AR) → SR専門

SR武器:Mosin NagantPGM .338(予定)

☆一口メモ

モシンをやめるのではなく、大会を考慮してPGMも視野に入れるとのこと。

彼は武器を変える癖などは無いが、色んな武器に対する知識がない。

固執することも大切だが、まだAVAを初めて3ヶ月だ。

たまには色んな武器を拾ってみるのも如何だろうか?



【銃魔人】
以前:メイン兵種バラバラ → アルプスの少年 ハイジ

PM武器:AKS-74U DesmodusMP7A1

AR武器:色々ありすぎて不明 → SA58 Para

SR武器:色々ありす(ry → ASW338

☆一口メモ

私は疲れたので、彼がどうたら言うのはやめた。

基本"ハイジ"とひとまとめにしておくから、まぁ頑張ってくれ。

一応、困ったことあれば相談してくれ。してこなさそうだけど。



【FB】
メイン兵種:遠距離AR専門 → 変更無し

AR武器:AK200 → 変更無し

☆一口メモ

爆破の時はしっかりAK200にしてるか、ネタに走ってPM or SRのどっちか。

楽しくやっていて何よりです。

しっかり練習しているみたいで、日々成長しているのが伝わってきます。



【ぐりん】
以前:SR専門 → 変更無し

SR武器:DSR-1(期限切れ) → TPG-1

☆一口メモ

IN率は毎日あるが、なんというか…やる気がそこまで無いみたいです。

楽しくやれているといいけれども…

AVAブームが彼に来ることを願ってます。



さらに、最近新メンバーが増えました!

このブログを閲覧してクラン加入応募してくれました!

【タカノ】
メイン兵種SR、その他まだ未確認。

これからの活躍に期待していきたいと思います。

また彼はブログもやっているようです、情報を載せて宣伝!→好奇心は猫も

ただ、現在ブログは休止しているのかな?よくわかりません。





さて、一通り終わったので今回の本題に入りましょう。

今回は「うっしー」についての第一回になります。

まずは彼の現在の武器についての考察。

<うっしー使用武器>

PM・SR-2M Veresk
AR・Kel-tec RFB
SR・SVD Zebra

彼も魔人や私と同じく武器がコロコロ変わります。

変える頻度は私以上、魔人以下という感じでしょうか?

最近はSRでゼブラを使ったりしてきています、あれ強いねん…

ただ、彼の使い方は間違ってる…と思ったりする。

というのも、武器の良さがセミオート+貫通力という点であるが。

彼はただの乱れ撃ちにしか見えない、セミオートでオラオラ的な。

よく「なんで一撃で死なないんだ」的な事をぼやきますが。

そんなセミオートで一撃で簡単に沈んだら、SRが詰まらなさ過ぎ…

とりあえず、DSRやモシンに比べると脅威にはならないかな。

弱くはないけど、セミオートは扱いが難しいから…

まぁ、頑張ってみてください。


ARでケルテックを使っている時の彼は私の中で空気です。


一番今、輝いているのはPMですね。

ただ、VereskはPM武器の中でも難易度が突出して高いので。

結構、苦戦苦悩しているみたいです。

デスモの時の方が輝いていたというのはやはりあるみたい。

私や周りの推しでVereskを使っている彼ですが、難易度高い武器が無理というのであればやはり自分に合う武器へ戻すべきです。

私とゲンキチは爆破でデスモは全く評価してませんが、それでも自分はデスモという信念があればそれはそれでいい事だとも思いますし、スタイルは否定しないこととします。

武器によっての評価は勿論しますけど…。

ただ、デスモは大会使用禁止です。デスモ使い続けるならPMで大会は現状諦めるべきかも?

まあ、大会なんていつになるか分からないので正直大会のことなんて無視してもいいと思います。

私は大会のこと考慮して、大会でしか使えない武器を考えることにしてます。

ゲンキチも私と同じ理論でやってますが、正直疲れてきます。

自分の好きな武器をやればいい、といつも挫折しそうになります。

でも、まぁ…大会とか出たいし、目標もあるのでまだ頑張ってみようかな。


私は今でも魔人とうっしーは似てると思います。

プレイスタイルや性格や行動も似てるなーと思うこともしばしば(笑)



最近、みんな上達してきていましたが…

またちょっと前みたいに戻ってきたと思います。

たぶん、みんなのやる気がまた落ちてきたのでは?と思ってます。

今までクランを活性化させるために色々考えてきましたが…

自分自身で精一杯の部分もあり、クラン雰囲気よりも先に自分を育てることにしました。

勝手ながら申し訳ないです、でも私も結構大変だったんです。

またクランメンバー増えてくれないかな?と思う、そんな私でした。




安心と信頼のお前

お前ならやると思った byゲンキチ


結局SRもやることにした、そうです大嘘をつきましたごめんなさい。


「まそがひとつのことをやり続けるとか(笑)」 byうにょ


もうね、読まれてるね。

いいよ!練習量が増えるだけだから!!(;´Д`)

頑張るよ! 俺やっちゃうよ!


だけど、SRにしてもPMにしても結局はARをしっかり出来ないとダメみたい。

だから、ARをメインに練習を続けていきます。


あ、ちなみにクランメンバーに特訓指導的なことをしてましたが。


やめました。

理由としては、何も私に言って来ないので意味ないと感じました。

親しき仲にも礼儀あり といいます。

悲しかったです。


私は自分の練習を頑張って生きることにします。


とりあえず、自分の武器の探求の旅にまた出ます。

探してください、どっかにいます。


今回は私の愚痴+報告だけです、また更新します。

"タップ撃ち"の徹底

「ALLタップ」 これが上級者への一歩へつながる


こんにちは、最近食べ盛りの"akaikami"こと"まそ"です。

今回はコーナーではなく、また基本的なことの話をさせて頂きます。


ただその前に、初心者・上級者問わずに言いたいことがあります。

まず、FPSはプレイヤースキルが問われるゲームですね、寧ろそれだけで勝負するようなものです。

確かに武器の良し悪し+性能+相性などはありますが、基本的には各プレイヤーの腕で勝負が決まっていきます。

私は過去に同じくネットゲームであるMMOアラド戦記というゲームをプレイしていました、約3年程です。

全盛期だった当時と現在を比べても、やはりMMOというゲームはどうしても"課金"をすることで己を強化でき、いわゆる「札束で敵を倒す」と私は感じていました。


MMOはどうしても作業ゲーになりがちなのですが、これはどのゲームにも言えることですね。

ただ、MMOの課金の良さとしてはやはり「手っ取り早く己を強化できる」というところにもあります。

ゲームは楽しく!という様に、自分が強くなる楽しみというのはFPSに比べて早め早めに実感しやすいと思います。

しかしその反面では課金をしない、または課金ができないという いわゆる無課金者というプレイヤーには風当たりが強いのではないかとそう実感しました。

ちなみに私はライト寄りのミドル級?課金者でした。


FPSと比べて、MMOで学べたことや感じたこととしては…

第一にMMOはFPSよりも知名度が高く、日本人は作業ゲーを好む方が多いために人気がありました。

私は作業ゲーが基本的には嫌いなため、お金稼ぎのためにダンジョンに篭る!などということはプレイスタイルに合わなかった、故に課金をすることでその部分を補うということをしていました。


…若干、路線がずれてきてしまっていますので戻します。


つまり、私が言いたいこととしては。

"FPSはその部分がほとんど無い"ということなんですね。

全く無い、完全実力主義ゲームだ! と言われると、それもちょっと違うかなとも思うんです。

その点について簡単に理解して頂けるよう説明したいと思います(基本、私は理屈っぽいです)


あらゆるオンラインゲームの運営は経営理念として
「課金者でも無課金者でも楽しく遊べる」というコンセプトがあると思います。


しかし、その一方で 「課金者と無課金者への差別化」 というのも必要です。

FPSの素晴らしいところはここにもあると思うのが私の見解です。

まず、課金者はお金を払ってゲームをよりやり易く、より自分の理想に近づけるために課金をします。

誰も 「運営に貢ぐためです」 とは思って課金しているとは思いません。

理想に近づけるために消費者(つまり私たち)が課金をし、サービスをする生産者(運営)が課金金額に応じて優遇アイテムを提供する。

これで成り立っています。

たまに「無料オンラインゲームじゃないじゃん!」と仰る方もいらっしゃいますが…

よく考えてみればわかることですが、全てが全て無料で成り立っているなんていうのはまずありえないんですね。

誰かが資金提供をし、それに対して誰かが行動・活動をする。

つまり、「お金」が動くと「人」が動くんですね。上手いこと出来てるものです。

逆に自分が運営の立場だったらどう考えますか?


全てのユーザーに無料でご提供! 運営費用など諸々は私に全てお任せ!


などという聖人君子であれば別ですが、私には到底できないと思います。

オンラインゲームの運営は「企業」ですので、個人経営ではありません。

「慈善事業」ではないということは、無料という甘い言葉に騙されたとしても忘れてはいけませんね。

それを忘れてしまうと、ただのアンチ(批判者)ということになります。


先程、私が「FPSの良さがここに」と言ったことについてですが。

ここまで掘り下げて話をしているので、察しが良い方は気がついたと思いますが、

この理念を両立させていること、すなわちユーザー満足度が高いというのが私からの評価が高いというのを言いたかったんですね。


ただし、ひとつだけMMOに対して補足をしておきますが。

無課金者だとしても、課金者に勝る方法というのは十分にあります。

しかしそれを無課金者が実現するためには課金者に比べ、時間・労力などユーザーに負担がかかる作業が何倍もかかってきます。

私が言った「風当たりが強い」というのはこれに当てはまります。

確かに日本人は作業的なことは得意 というのはあるかと思いますが…

勿論、私みたいに作業ゲーは無理と諦める方やゲームで作業かと感じる方もたくさんいらっしゃいます。

故にMMOというのが課金者のが圧倒的に優遇ということです。



FPSで「課金者でも無課金者でも楽しく遊べる」ということについて。

やはりAVAブログですので、AVAを例にこの疑問を投げかけたいと思います。

AVAでは課金することによって、優遇アイテムを入手することや有料ガチャガチャというのにチャレンジする権利を得られます。

優遇アイテム、これは使用すればゲームマネーやプレイヤーステータスに影響を与えることができます。

プレイヤーステータスと言っても、AVAにはRPGのような目に見えるステータスというのは存在しません。

では何に影響なのか? 答えは防具です。

課金することによって、ゲームマネーでは購入できない特殊な防具を購入できます。

しかし、この防具を装備することによって試合に多大な影響を与えることはありません。

では何のための防具?となりますが。

上級者の方々の中には、能力を最大限に出したいという方がいらっしゃいます。

防具はプレイヤーを手助けする能力が備わっているものがありますが、防御力や体力(ヘルス)を増大ということは出来ません。

あくまでも「こういった武器に対しての対策が可能」ということです。


次にゲームマネーを手助けする、ということに関してですが。

これは正直、無課金者と課金者の違いで一番大きいのではないでしょうか?

「課金でゲームマネーをGet!」というのはもはや常識過ぎますが、これを無くして課金とは言えないと思います。

「課金者にはマネー優遇がある」というのはゲームバランスとしても必要だと思うので、これに関しての議論はしません。



次に有料ガチャガチャですが。

これは本当、上手く出来てる… と関心するほどですね。

AVA運営側はおそらく、「広く浅く」というのを考えてこれを作ったと思います。

つまり、「1人から1万円を回収」するよりも「100人から100円ずつ回収」する方が利益になると考えたんでしょう。

ユーザーの心理を捕らえ、「5000円で豪華武器が買えます」と広告するのではなく「100円で豪華武器が当たる!」と広告していますね。

ガチャのシステムを知りたい方はガチャお試しFlashにて自由に体験できます。

実際に体験するのが一番理解できます、是非お試しあれ(゚Д゚)ノ



あまりに長くなってしまったため、次で締めようと思います。


有料ガチャ武器は確かに無料武器に対して性能が優秀な物が多くあります。

しかしそれによって戦力が大きく変わることやそれを使用したからといって、腕が上がることはまずありません。

ゲームマネーだけで入手できる武器にも有料ガチャ武器にもそれぞれ特性や長所と短所があります。

勿論、プレイヤーとその武器との相性もあります。

故に、武器だけで実力決定することがそもそも出来ないのがFPSであることを前提にさらにAVAでは全ての武器・兵種に対しての長所と欠点があるため、課金者が最強という説は成り立たないということです!




さて… やっと本題に入りましょうか…(;^ω^)

熱く語り始めると止まらない癖をどうにかしてブレーキを覚えたいものです…


今回のお題は、「タップ撃ち」ということに関してです。

これは最近の私の課題のひとつでもあり、初心者と上級者の大きな違いにもなります。

「タップ撃ち」の他に「バースト撃ち」や「フルオート撃ち」などがありますが、それはまた後々に考えがまとまってから記事にしたいと思います。


さて、まずは皆さんにタップというものをご理解して頂きたいと思います。

今回は私が使用している武器SA58 Paraを例に話を進めます。

まずは動画を見ていただきましょう。 青文字をクリックすることで閲覧できます。

まずSA58 Para(タップ撃ち)、それを見たら次にSA58 Para(2点バースト撃ち)を閲覧してください。


何かが違うことに気がつきましたか?


答えは画面のブレの違いです。

タップ撃ちはバースト撃ち or フルオート撃ちよりも圧倒的に安定させることが出来ます。

さらに精密度もタップ撃ちの方がしっかりと狙えていますね。
※この動画のParaカスタムは"ライフリング強化"、"人体工学"、"RCS"です。

違いについて簡単にまとめますと…


【タップ撃ちの特徴】

・精密度、安定性が高くしっかり狙える

・難易度はバースト撃ちに比べると高め

【バースト撃ちの特徴】

・単時間に対して火力が出る

・難易度はタップ撃ちに比べると低め


となりました。

タップ撃ちを完全取得するためには、時間(経験)と練習が必須になります。

まずは、マウスクリック速度計測というのを実際にやってみてください。


私は合計平均21回という結果になりました。

3秒間で何回クリックすることが出来る?という単純なものですが、Paraでは秒間8回つまり平均24打が出来ないとタップ撃ちをマスター出来ません。

出来ません、という言い方には語弊がありますね。

タップ撃ちに向いていない、と言うべきでしょうか?

しかし、出来ないなら私はバースト撃ちをすべきと言っている訳ではありません!

出来ないなら出来るようにすればいいのです、つまりは練習。

かくいう私もタップ撃ちを主流にParaを使っています。

そもそもParaという武器は、練習すればする程、自分に馴染み強くなる武器です。

つまりは練習しなければ結局のところ、Paraは言うことを聞きません。

AVA界で最も難易度の高い武器と言われているだけありますね。

バースト撃ちの良さなどについては別件ですので飛ばします。


では、タップを練習して習得する方法をお教えしましょう。

…とは言っても私はまだマスターしてませんので、自分の練習方法を晒すですが…


練習方法は至って簡単! に見えるだけです(笑)

実際やれば、どれだけ難易度が高く実践で使うにはどれだけ慣れが必要かがわかります。


まずは最初に、「ゆっくり正確にヘッドラインにタップ撃ちをする」 をしてください。

全弾撃ち込んでください、壁に撃つのが一番楽じゃないかと思います。

また、距離も変えて撃ってみてください。距離によってタップ速度が変わります。

要領としては私が投稿した動画の「AIM練習」を参考にしてください。

動画ではバースト撃ちをしてますがこれをタップに置き換えて、さらにスピードも半分以下にします。


「簡単なんだよこんなの」 と言わずまずはやってみてください。


次に「タップ速度を徐々に上げる」 ようにやってみてください。

速度を上げていくと、どこかでタップ撃ちからバースト撃ちに変わる時がありませんか?

そこが現在の貴方の"タップ撃ちのミス"の部分です!


タップ撃ちの最中にいきなりバースト撃ちに切り替わるとレティクルに急激なズレが生じます。

それを全て無くすことが、「ALLタップ」への入り口になります!


「無くすことでゴールじゃないの?」と思った方、残念ながら違います(;´Д`)


大切なことをひとつ忘れていますね? そうです、「タップ速度」です!


秒間8回クリック以上保てない場合は「タップ撃ち」の良さを出し切れません。

しかし、これをすぐに取得するには無理がある。

ではどうするか? 出来るところから直しましょう。

まずは、「ALLタップ」を取得し実践レベルまで練習しましょう。

実践レベルかどうかを実感するには、敵と対峙した時にタップからバースト撃ちに切り替わっていないということが複数回確認でき、さらに焦っていてもALLタップ撃ちになっているということを掌握できるのが望ましいです。

「ALLタップ」の練習をしていると、実は知らず知らずのうちにタップの速度があがってます!

「ALLタップ」を極めたら、次は「ALLタップ+速度重視」という練習方法にシフトしてください。

実はこれに関しては難しいと聞いたことはあまりありません。

というのも、最初の壁が大きすぎて、最初の壁を突破できた時点でタップ撃ちの基礎が完成しています。

あとは完成度を磨くだけ、つまり応用です。

逆に正確に撃つことが出来ても、速度だけはニガテという方には大きな壁になってしまいます。


初心者の方でもこれにチャレンジしたい方は是非やってみてください。

ただ、これを1日やるだけでは全く意味がありません(´・ω・)

AVAを起動してAIM練習+調整に加え、この練習を取り入れることをしなければ意味がありません。

理想としては毎日やれることですが、そこは自分との相談です。

勿論、やればやるほどに上達は早くなっていきます。

延々と壁撃ちにやり続けるのはストレスがたまるため、5分やったら殲滅で息抜き+軽く実践などをすると継続率が上昇するかと思います。




では、最後に今日のまとめとして…


FPSでは、実力を上げるために練習が必要です。

何かを得るためには、ゲームだけに問わず 何かを自分でやる必要があります。

それを作業ゲーと思うかどうかは貴方次第ですが…

私はゲームマネーやアイテムでは無く、自分を楽しくするためにやっています。

お金でどうにもならないことにチャレンジしてみる。

それってなかなか出来ないことじゃないでしょうか?

"面倒くさい"と片付けるのではなく、楽しんでやれ!と思う気持ちが大切だと、

気付かせてくれたFPSには感謝してます。



今日も長くなってしまって、すみませんでした…(´・ω・`)


でも楽しいから… いいよね?(笑)


ではまた次回にお会いしましょう!







プロフィール

akaikami

Author:akaikami
クラン最終階級暦:少尉4
クラン結成日:2012/08/23
クラン解散日:2012/11/27

クラン活動:計3ヶ月弱

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
↓ランキングです(。・ω・)ノ゙
A.V.A ランキング
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。